地元・新潟をこよなく愛し、日々のほほーんと暮らすT氏の雑記。


by yo_tana
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ここ数日の急激な寒さのせいで、今月が10月であることをうっかり忘れることがある、今日この頃のおれ。

明日からは、11月ですね。(確認)


公演が終わって一週間。
先週の今頃は何をしていただろう。
今年は何をしてきただろう。

これから先のことも含めて、いろいろ考えました。


答えは出ませんでしたが、ひとつだけ言えること。

とりあえず、生きる。

シンプルかつ簡単なように思いがちですが、いまのおれにはとても大事なことかもしれません。


今日は、現実逃避をしに某温泉へ行き、貸し切り状態の露天風呂から日本海をぼけーっと眺めてきました。

本当に長時間ぼけーっとしてしまい、宿の方に「いいかげん帰って」と言われ、若干凹みました。(笑)



まぁまぁ、ぼちぼちと、これからもやっていこうと思います。
[PR]
by yo_tana | 2010-10-31 03:31 | 旅に出てみた。
無駄に長いタイトルですみません。(笑)


公演が終わるまでは台本と仕事の本以外読めなかったので、
公演が終わって落ち着いてから読もうと思ってた、一冊の本があります。


その名も、

d0005827_236269.jpg
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」


通称「もしドラ」と言われてる(らしい)この本。
本の内容については、ここでは触れません。
(どんな本か知りたい方は、Wikiで調べるなりググるなり適当に検索してみてください)

特にどうしても読んでみたいってわけではなく、なんとなく勢いで買ってしまいました。
決して、表紙の絵に萌えたから買ったわけではありません。(一応言い訳)



ただ、この本を読む上で、ひとつ悩み事が。

この本を読む前に、ドラッカーの「マネジメント」を読もうか。
それとも、この本を読んでから読もうか。


ま、ほとんどの人は、おそらく「どっちでもいいんじゃね?」って思うことでしょう。

まったくその通りだと思います。(笑)


とりあえず、今週いっぱいはまだ落ち着かないので、来週以降にでも読んでみようと思います。
話の内容を知ってる方は、おれが読み終えるまで黙っててくださいね。(笑)

では。
[PR]
by yo_tana | 2010-10-28 23:04 | つまらんこと。

公演、終わった。

d0005827_1449481.jpg

d0005827_145041.jpg


公演、終了しました。



思ったこと、

感じたこと、

伝えたいこと、

etc...



おそらく、ここには書ききれないだろうし、

いくら書いても伝えきれないだろうし、

とりあえず、
今は書く気になれない自分がいます。



ただ、
一言だけ伝えるとしたら、



みんなに支えられたおれは、とても幸せ者でした。



ありがとう。



本当にありがとう。



感謝です。
[PR]
by yo_tana | 2010-10-25 02:36 | 芝居が好き。

公演出演告知。

いよいよ、間近に迫った公演日。
この場を借りて、みなさまにご案内いたします。


☆ T氏出演・公演案内 ☆

Para-Graph 2010 Stage
d0005827_23341361.jpg

「すべての風景の中にあなたがいます」
     ×
「水平線の歩き方」

(二本立て)

◎ 公演日
2010年10月23日(土)・24日(日)

◎ 会場
新潟市万代市民会館 6階多目的ホール

◎ 上演時間

◆ 10/23(土) ◆
開場・受付=18:00
すべての風景…=18:30
水平線の歩き方=19:45

◆ 10/24(日) ◆
開場・受付=13:30
すべての風景…=14:00
水平線の歩き方=15:15

(各公演の上演時間は約60分。間に15分間の休憩があります)

◎ 料金
前売=1,200円
(新潟市市民映画館・シネウインドにて販売中)
当日=1,500円

(上記料金で同日の2公演がご覧いただけます)


チケット予約・お問い合わせは、
パラグラフHPまたは私の携帯とかに直接メールなどで、ご連絡ください。




とりあえず、みなさんごぶさたしてました。
いろいろありましたが、それなりにやってます。

今回の公演でみなさまにお会いできれば、自分にとってとても幸いです。
お待ちしております。



地球の裏側・チリでの炭鉱落盤事故の、
作業員の救出作業を見ていて、感動のあまり涙が止まりません。

地下約700mの極限状態の中で約2ヶ月間、
愛と勇気と希望を持ち続けた33人の作業員のみなさんに、
心から拍手を贈りたいと思います。



自分も、もっとがんばらなきゃ。


それでは。
[PR]
by yo_tana | 2010-10-13 23:35 | 芝居が好き。